浅香光代、隠し子の相手自民党の重鎮S氏とは佐藤栄作か!?

asaka

浅香光代さんが隠し子が2人いると公表し話題となっています。そして、その相手の情報として、泉山三六に紹介されたという事と、後に自民党の重鎮となったS氏という事です。ネットでは、その自民党のS氏とは誰かという事で、憶測が飛び交っていますが、中でも佐藤栄作さんという説が一番有力なようです。


satoueisaku

佐藤 栄作(さとう えいさく)、明治34年(1901年)3月27日 – 昭和50年(1975年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。名前は旧字体で榮作と表記される場合もある。

内閣官房長官(第4代)、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。

ウィキペディア

さらに、ウィキペディアに佐藤栄作さん一家の写真が出ていました。
saouke
夫栄作が鳥栖運輸事務所長時代の佐藤一家
(左から寛子、二男信二、夫栄作、長男龍太郎、母フジエ)
奥様は寛子さんとなっていますが、寛子さんとの結婚後、浅香光代さんと不倫をしていたという事なのでしょうか。あくまでも現時点では噂にすぎないので何とも言えませんが、もしそうだとすると、隠し子の2人凄い方の子孫という事になりますね。また、佐藤栄作さんの2人の子供も、自分たちに兄弟がいたとなるとかなり驚くことでしょうね。

今後まだまだ、新たな情報が出てくると思うので、今後の情報にも注目です。


“浅香光代、隠し子の相手自民党の重鎮S氏とは佐藤栄作か!?” への1件のフィードバック

  1. おれ より:

    椎名悦三郎が正解。

おれ にコメントする

サブコンテンツ